2013年 7月 13日

変態マウス!

[ ガヂェットのコト ]

長年愛用してきたロジクールのマウスが、左クリックができなくなった。
高速でぶん回せるホイールが気に入っていたが、同モデルはまだ販売中だったが、店頭でちょっと怪しげなマウスをみつけて、そっちを購入。
どこかのニュースサイトで、無線LANで繋がるマウス(ただし輸入モノ)ってのを見つけて、Bluetooth非搭載のうちのノートでも使えるのかなー、でもそのおかげでネット接続ができなくなったらアホだなー、とか思ってたもの。
そのOEMかどうかは知らないが、まぁ一応バッファロー製品だし、どーにも繋がらないダメマウスではなかろう、と、国内ブランドの威力を信じて、3,280円と比較的安価だったこともあり。
が、レジでは980円ということで、かなり得した感じw

接続は、予想どおり難航した。
さっくりドライバをダウンロードし、インストールしようとすると、

SoftAPが使用できません

マニュアルには、

Virtual Networkを使用しますのでSoftAPの設定をしてある場合は解除してください

なんだかなー、海外からポンと持ってきて和訳だけすりゃいいってもんじゃないよ、ねぇ。

そもそもSoftAPってのは、Windows7から導入された機能で、ソフトウエアアクセスポイントを構成できるらしい。たとえば、有線LANでネットに繋いでおいて、SoftAPを適切に設定・機能させると、WiFiのみのiPadや他の無線LAN機器が、それを経由してネットアクセスできる機能。
そんなことさぁ、Windows95くらいの頃からサードパーティーで実現できてたっつーの。

Windows 7 SoftAPとは、SoftAPの設定手順
というサイトを参照してみると、ターミナルコマンドでガシガシと設定している。無茶してる風ではないのでそれをたどっていってみると、どうもhostednetworkが有効にならない。これは、無線LANそのものが、コレに対応していない可能性が。

このノートPCはWindowsVista世代の装置なので、Windows7認定を受けていない。そのバーチャルネットワークの仕組みは、Windows7認定を受けるために必須らしく、てことは無線LAN自体が対応していない可能性がある。インテルにて、当該ドライバを探してみると最近のアップデートドライバがあったので、まずはそれをインストール。

でもって、softAPの設定を参考に、netsh wlanコマンドをいろいろ試して雰囲気で当たりを付けてみるが、芳しくない。
どーのこーのやってるうち、ネットワーク接続のなかに、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterが現れているのに気づく。コレが無効になってたので有効に変えてみると、マウスのドライバのインストールに成功。そのあと、WiFi Mouseの設定ではなく、新しい接続の追加を起動してマウスをペアリング、ここでやっとカーソルが動いた。

何度かPCを再起動した時間もあり、設定開始からカーソルが動くまで、3、4時間は楽しませてもらった、ひさびさの変態マウス。
ちょっと、クリックボタンが重くて、しばらくは慣れが必要って感じ。5ボタンと謳われているが、WiFi Mouse設定が起動しないので、設定の変更ができず。うーむ。

Posted by ka10 : 23:00:40 |

トラックバックURL: http://ka10.net/blog/archives/2013/5952/trackback

現在、コメントフォームは閉鎖中です。